2012年07月12日

ビーグレン Cセラムの主な成分と使用感

ビーグレン公式HPより引用
--------------------------------------------------
ビタミンC(整肌成分)をカプセルに閉じ込めて高濃度(7.5%)配合したビーグレンが誇る美容液。独自の浸透技術で肌にピタリと吸い付くようなつけ心地を実現。お肌にマルチ効果を発揮する美容液だからお顔全体だけでなく、部分使いでもお使いいただけます。

高濃度のピュアビタミンCを浸透テクノロジー( QuSome )で、シミ、しわ、たるみ、ニキビ、毛穴、くすみなどのお肌トラブルのもとに届け美肌へと導きます。
---------------------------------------------------

・アスコルビン酸
いわゆるビタミンCのこと。強力な抗酸化作用があるため、メラニン色素の生成を抑制し、日焼けによるシミやソバカス、活性酸素による細胞の老化を防ぎます。またコラーゲンの生成を促し、毛細血管を強くする働きもあります。ビーグレンでは独自の浸透テクノロジーによりナノカプセル化することで、アスコルビン酸の高い美容効果とは逆に肌への浸透の悪さを克服しました。

・レシチン(大豆由来)
親油性と親水性の両方の性質を持ち、天然の界面活性成分として、保湿を目的として使われます。水に溶けやすい性質のビタミンCをナノカプセル化して肌の奥深くまで浸透させ、美肌効果を長時間維持します。


<使用感>
肌につけるとポッと温かくなる事が特長です。
ビーグレンは医療レベルの浸透技術なので、確実にビタミンCが奥まで浸透してくれます。
だんだん透き通っているような、明るい肌になってきました。

ビーグレン公式HPはこちら



posted by ビーグレン美人 at 12:35| Comment(0) | ビーグレン 成分 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。